TEL.086-270-0188

〒703-8275

岡山県岡山市中区門田屋敷1丁目9-29
(菱和パレス1F)

岡山|痛みと痺れの治療院 岡山|痛みと痺れの治療院 岡山|痛みと痺れの治療院
鍼灸施術歴40年
顔面神経麻痺・痛みと痺れは私にご相談下さい。

当院に来院される患者様の症状と各症例

当院で行う3つの治療法

統治療院では、患者様の予診表を元にした問診の後、まず、東洋医学の二千年来の土台である、脈診舌診腹診、の審査を行います。 それを元に「鍼灸治療」「手技療法」「遠絡療法」という東洋医学をベースとした3つの治療法を40年間の臨床を元に、 患者様の状態に合わせて使い分けながら施術を行います。

  • 鍼灸治療

    鍼灸治療は漢方薬と共に日本人の健康を1500年間守ってきた治療法です。 また東洋医学研究所で私が35年間臨床と勉強を続けてきた最も得意とする治療法です。 鍼灸治療には様々な治療法がありますが、病態の診方の正確さと、効果がイコールであることが大切な要素です。 古来からの経験の蓄積である脈や舌などの状態と、遠絡療法を活用した病態把握が相乗効果を生み、 愁訴をより効果的に取り除くことができます。

  • 手技療法

    私は厚生労働大臣認可の国家資格である按摩マッサージ指圧師の免許をもっており、 患者様の症状と必要性に応じて、指圧、マッサージ、オイルマッサージ、 リンパマッサージ、操体法、運動療法、機能回復訓練等をおこなっております。 中国では古来から治療の中心は手技療法でした。 主として脊髄や脊椎・自律神経などに関連しての諸症状に、また下肢の浮腫(むくみ)や脳梗塞後遺症による拘縮予防や可動域を広げるなど、 鍼灸治療と遠絡療法のみでは足らない点を補う治療法としておこないます。

  • 遠絡療法

    遠絡療法は西洋医学の医師である柯尚志師が開発した医学理論と治療法で、 現在西洋医学の医師を中心に大学病院にまでに広がりつつあります。 また日本を起点として台湾・米国・中国・東南アジアにも広がり、治療効果の高さが高く評価されています。 西洋医学と東洋医学双方の問題点を、多くの症例分析をもとに再構築し、全く新しい医学体系と治療方法を提示しています。 また、遠絡療法は誰が治療しても同様の治療効果が出るという、 大変に再現性と効果性の高い治療方法ですが、 その根底にある理論を真剣に学ばなければ難治性疾患の治療に応用することは決して簡単ではありません。